Tanning

鞣し作業

Tanning イメージ

職人の朝は早い

革の仕上げや縫製など全ての作業のベースとなる「鞣し」。
その作業は残りの行程を考えて、早朝から行われます。
FIVE WOODSの革の多くは、兵庫県南西部に位置する姫路のタンナーで
鞣された革を多く使用しています。

この地区は、江戸時代から「播州・龍野の『白靼革(しろなめしがわ)』と
呼ばれた革の名産地で、今でも多くのタンナーが
地域一丸となって良質な革を生産しています。

武家屋敷や姫路城など、多くの文化遺産が残る町並みは美しく、
全国でも指折りの地酒や、そうめんの「揖保の糸」でも有名です。
この地域が、革の産地として発展した背景には、豊富な河川の存在があります。
たくさんの水を使う革の鞣し作業は膨大な地下水を必要とするためです。

まだ日も明けきらない時間から、川沿いの鞣し工場には灯りがともり、
たくさんの職人と、大きな機械が動き始めます。


  • Tanning01
  • Tanning02
  • Tanning03

同じものが作れないから面白い

植物性の素材で鞣す手法では、1枚の原皮を加工するのに
およそ30以上の工程を経てから乾燥されます。
クロームという金属製薬品を使った鞣しよりも手間はかかり
ますが、その分仕上げ加工や経年変化による風合いが豊かで、
FIVE WOODSでは主に植物性タンニンの革を使用しています。

そのレシピはタンナーが独自に調合するもので、ミモザやケブラチョなど
季節や気温に合わせて数種類の植物を使用しています。
同じレシピや素材でも気温や湿度、原皮の状態などで仕上がりは
変化してしまい、均一のクオリティを保つのは熟練の技が求められます。

植物性の鞣し革は「ウェットホワイト」と呼ばれ、自然乾燥
された後、革の仕上げ加工へと移されます。


  • Tanning04
  • Tanning05
  • Tanning06

なまものと加工品の間

自然乾燥によって革の水分が70%ほど抜けると、艶やかな美しい革の
表情が現れます。仕上げを行わない、いわゆる「ヌメ革」と呼ばれる状態は、
生き物の存在感と加工製品の中間にある独特の美しさを放ちます。

この「なまものと加工製品の間」というのは、鞣し作業の間にも
言えることで、まるで料理をするような繊細な調整が求められます。

鞣し作業は、「タイコ」と呼ばれる大きな樽の中に原皮と
植物の抽出液を入れてかき回すことで染み込ませていきます。
しかし、かき回されることで摩擦熱が発生し、抽出液の温度が上がって
しまうと「炊き」と呼ばれる状態になり、革の風合いが飛んでしまうのです。
そのため、内部の温度が60℃を超えないように常に樽を回す速度を調整しています。

こうして加工仕上げがしやすく、エイジングに耐えうる革が仕上がってくるのです。


  • Tanning07
  • Tanning08
  • Tanning09

Detail

革の仕上げ加工

Detail イメージ

エイジングの余地を残す仕上げ

FIVE WOODSの皮革は、姫路でタンニングされただけでは終わりません。
大阪の仕上げ工場に運ばれ、ブランドの目指す革の風合いへとさらに磨きあげられます。

近年ではクローム鞣しが主流になる中、昔ながらの製法である植物性の
鞣しを使うのは、より革の風合いを楽しんでいただくため。
その最後の一手間が仕上げ工場になります。

鞣された革の表情をより豊かにするため、アイロンで艶をどの程度出すか、
天然の繊維構造による「地シボ」をどのように生かすか、
革の表情である「トラ筋」をほぐすとどんな風合いになるのか。
こうした作業は、いわば革のお化粧ともなる工程になります。

豊かな表情を生かし、エイジングによってさらに深みのある
表情になることを想像しながら、職人の経験と腕が発揮されるのです。


  • Detail01
  • Detail02
  • Detail03

素材を任せられる信頼関係

姫路の鞣し工場と大阪の仕上げ加工工場は緊密な関係を築いています。
そのため、原皮のクオリティや鞣しの具合は姫路の工場に任せることで、
最も美しい状態で上がってくるといいます。

とはいえ、天然の植物を使っているだけに、季節によってタンニンが
アイロンの熱にどう反応するかはわかりません。
それを長年の経験から読み解き、自然の表情を最高に活かせるように
塗料の具合や機械を調節します。

革の仕上げに使われる塗料は、「バインダー」と呼ばれる定着剤と染料の調合が重要になります。
風合いを生かすためには定着剤の量を減らすべきなのですが、製品として色移りせず、
長い経年変化に耐えうるためにはある程度しっかりと染料が定着する必要もあります。

このさじ加減が実に難しく、植物性タンニンの革だからこそ楽しめる変化なのです。
まさに、タンナーとの信頼関係があってこそ実現する、技の共演とも言えます。


  • Detail04
  • Detail05
  • Detail06

数字では表せない世界

素材と仕上げの組み合わせは無限にあり、その表現は
デザイナーのイメージに合わせて変化していきます。
時には、デザイナーが全体のイメージを職人に相談することで、
具体的なブランドの雰囲気が決まることもあります。

逆に、職人が開発した新しい革からデザイナーがインスピレーションを受けることも。
「型押し」や「手汚し」など、実際に手を動かす職人にしかわからない微妙な違いを
汲み取り、想像力を働かせることで新しい世界観が生まれるのです。

これは、お互いに数字などで厳格に表現できない世界。
デジタルのクリエイティブとは一味違う、ものづくりの醍醐味があります。
生き物の皮を加工することで、美しく頑丈な革へ変化させる作業は、
豊かな想像力と確かな経験、積み重ねた技術があってこそ実現するのです。


  • Detail07
  • Detail08
  • Detail09

Stitch

縫製・組み立て

Stitch イメージ

昔ながらの手作業が生む味わいと強さ

FIVE WOODSの代表作として人気の「DULLES BUG(ダレスバッグ)」は、
ほぼ全ての工程が手作業で組み上げられています。
その縫製と組み立てを行うのが愛知県豊川市の工場。
昔ながらの製法を守り抜く職人の手によって、ひとつひとつ組み上げられていきます。

緩やかで優雅な曲線と複雑な構造で設計されているダレスバッグは、
どれだけ工業化が進んでも自動では作れないと言われています。
なぜなら、天然皮革は首、肩、お腹などの部位によって微妙に表情や性質が異なり、
その組み合わせを想像しながら組立てる必要があるからです。

それぞれの革の特性に合わせて、ひとつずつ丁寧に作ることでこそ、
良い鞄になるというのがFIVE WOODSと作り手を繋げる共通の思い。
昔ながらの技術にこだわるのは、長く愛される鞄作りを目指すからこそなのです。


  • Stitch01
  • Stitch02
  • Stitch03

素材の良さを生かす技の数々

最も負担のかかる口金の部分は、伝統的な「二本針」という手法で縫い上げられます。
厚手の革がずれないように「菱錐(ひしきり)」と呼ばれる道具で糸を通す箇所に穴を開け、
太い針と糸でしっかりと縫い上げます。そのステッチは美しいだけでなく、
鞄全体の剛性を支え、持った時の体感重量を軽くしてくれる効果もあるのです。

また、「コバ」と呼ばれる淵の部分は「鉋掛け(かんながけ)」が施されます。
これは植物性のタンニンで鞣された弾力のある革だからこそできる仕上げ。
一方で、弾力の強い革は、しっかり押さえ込んで縫い上げないと
歪みが出てくることもあります。
そうした歪みを調整しながら革の弾力を生かすことで、美しいフォルムが生まれるのです。
その様子は、まるで木の特性を生かして家を建てる棟梁のようでもあります。

何代にも渡って継承された鉋やその他の道具には、伝統の技を支えてきた独特の存在感があります。


  • Stitch04
  • Stitch05
  • Stitch06
  • Stitch07
  • Stitch08
  • Stitch09

エイジングこそ革鞄の魅力

革製品は、完成してお客様の手元に届いたところが始まり。
そこから共に時間を過ごしていただくことで、世界で唯一の鞄へと変化を遂げるのです。
この経年変化によるエイジングこそ、革製品を持つことの最大の魅力だと、
FIVE WOODSは考えています。

そこで、ダレスバッグやアタッシュケースなどは、最も可動する持ち手に
「アイレット」を打ち、「管」を通すことで革への負担を大きく減らしています。
この加工は持ち手のガタつきも抑える働きがあり、しっとりとした持ち心地を与えてくれます。

革の鞣しから仕上げ加工、縫製・組み立てに至るまで、
顔の見える作り手と真摯に向き合いながら作り上げる一つの鞄。
大切な鞄だからこそ、何年、何十年というエイジングを楽しんでいただきたい。
その一心で、美しく頑丈な作りを求め、FIVE WOODSの鞄は作られていきます。


  • Stitch10
  • Stitch11
  • Stitch12