• Tanning
  • Detail
  • Stitch

Tanning 鞣し作業


Tanning イメージ

職人の朝は早い

革の仕上げや縫製など全ての作業のベースとなる「鞣し」。
その作業は残りの行程を考えて、早朝から行われます。
FIVE WOODSの革の多くは、兵庫県南西部に位置する姫路のタンナーで
鞣された革を多く使用しています。

この地区は、江戸時代から「播州・龍野の『白靼革(しろなめしがわ)』と
呼ばれた革の名産地で、今でも多くのタンナーが
地域一丸となって良質な革を生産しています。

武家屋敷や姫路城など、多くの文化遺産が残る町並みは美しく、
全国でも指折りの地酒や、そうめんの「揖保の糸」でも有名です。
この地域が、革の産地として発展した背景には、豊富な河川の存在があります。
たくさんの水を使う革の鞣し作業は膨大な地下水を必要とするためです。

まだ日も明けきらない時間から、川沿いの鞣し工場には灯りがともり、
たくさんの職人と、大きな機械が動き始めます。


  • Tanning01
  • Tanning02
  • Tanning03

同じものが作れないから面白い

植物性の素材で鞣す手法では、1枚の原皮を加工するのに
およそ30以上の工程を経てから乾燥されます。
クロームという金属製薬品を使った鞣しよりも手間はかかり
ますが、その分仕上げ加工や経年変化による風合いが豊かで、
FIVE WOODSでは主に植物性タンニンの革を使用しています。

そのレシピはタンナーが独自に調合するもので、ミモザやケブラチョなど
季節や気温に合わせて数種類の植物を使用しています。
同じレシピや素材でも気温や湿度、原皮の状態などで仕上がりは
変化してしまい、均一のクオリティを保つのは熟練の技が求められます。

植物性の鞣し革は「ウェットホワイト」と呼ばれ、自然乾燥
された後、革の仕上げ加工へと移されます。


  • Tanning04
  • Tanning05
  • Tanning06

なまものと加工品の間

自然乾燥によって革の水分が70%ほど抜けると、艶やかな美しい革の
表情が現れます。仕上げを行わない、いわゆる「ヌメ革」と呼ばれる状態は、
生き物の存在感と加工製品の中間にある独特の美しさを放ちます。

この「なまものと加工製品の間」というのは、鞣し作業の間にも
言えることで、まるで料理をするような繊細な調整が求められます。

鞣し作業は、「タイコ」と呼ばれる大きな樽の中に原皮と
植物の抽出液を入れてかき回すことで染み込ませていきます。
しかし、かき回されることで摩擦熱が発生し、抽出液の温度が上がって
しまうと「炊き」と呼ばれる状態になり、革の風合いが飛んでしまうのです。
そのため、内部の温度が60℃を超えないように常に樽を回す速度を調整しています。

こうして加工仕上げがしやすく、エイジングに耐えうる革が仕上がってくるのです。


  • Tanning07
  • Tanning08
  • Tanning09